ホーム >活動紹介

今年も桜がきれいに咲きました

2021年4月14日 水曜日 活動報告

2009年に当クラブが植樹したジェーンズ邸の桜が今年も咲きました。3月24日に会員のSさんが水前寺の夏目漱石旧居(第3の家)を訪れ撮影、植樹から12年を経てこんなに大きくなりました。(ジェーンズ邸は熊本地震により休館中)

 

青空に映えてきれいに咲いています
 



オンライン定例会開催

2021年3月13日 土曜日 活動報告

 Zoomでオンライン定例会



国際ソロプチミスト熊本ーさくら初となる「オンラインZoom定例会」を2月17日(水)10:00〜12:00に開催しました。1月の定例会後すぐにZoom委員会(準備委員会)を立ち上げ、会員がパソコン、スマートフォン等ご自分の端末から参加できるようフォローに努めた結果、定例会の出席者は16名(会員数25名)、後半にはすべての出席者がビデオ通話をできるようになりました。会場で会えない淋しさも、皆の笑顔と出会えたことで「つながる」喜びに変わり、議事はいつものようにスムーズに運びました。Zoomでない会員には電話で参加していただいたり、みんなが気持ちよく参加できるよう工夫がなされ、まずは一歩前進、少しずつ進化していきたいと思います。



クラブ賞表彰式と賛助金贈呈式

2021年2月12日 金曜日 活動報告

2021年1月20日、定例会で実施した表彰式と賛助金贈呈式。
「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」クラブ賞表彰式(賞金10万円)

受賞者: 木村瑠夏(きむら るか)氏 25歳 (ヒューマンアカデミー熊本校に在学)
木村瑠夏さんは、ネイリストを目指して専門学校に通っておられましたが途中で出産をされ、夢を1度諦められました。現在はパートとして働きながら4歳の男の子の育児と専門学校での勉強を両立、夢を叶えたいと頑張っていらっしゃいます。
木村さんは「日々両立の難しさに直面しながら頑張っています。今までの努力を大きく肯定してくれるこの賞はシングルマザーにとってとても大切なことで、大きな自信につながりました。夢は、自身のサロンを開業、経営することです。」と話されました。さくらで今後も応援していきたいと思います。

坂本会長と木村瑠夏さん



「ふれあいワーク様賛助金贈呈式」

国際ソロプチミスト熊本―さくらと同年に誕生したふれあいワーク様は27年を迎えられました。毎年1月の新年会で賛助金5万円を贈呈しておりますが、今年はコロナ禍で新年会が中止となり、定例会に丸山様をお迎えしての贈呈式。丸山さんは「障害を持った方への理解が深まるよう、障害を持った方の生活が豊かになるよう長年活動を続けてきました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。」と述べられました。さくらも更なる生活の向上へのお手伝いを続けていきます。

ふれあいワーク・・・社会福祉法人わくわく(多機能型支援センター) 2ヶ月に1回、さくらの定例会会場でお菓子や食品の販売を実施。



クリスマスバザー開催

2021年1月14日 木曜日 活動報告

12月16日(水)定例会にて、Xmasバザーを開催。(於:ザ・ニューホテル熊本)今年最後の定例会とあって、会員25名のうち、21名が出席し、定例会もバザーも活発に行われました。

クリスマスツリー



サンタクロース



会員の持ち寄り品(お歳暮・手作り品・お惣菜など)や委員会のお取り寄せ品(Xmasやお正月のリース、寄せ植え)(鯖寿司・赤牛の赤ワイン煮)(和菓子・シュトーレン)(冬の便利グッズ)等々がずらり。陳列も広い会場の中で約15テーブルに分けて置き、各々が歩いて回りながら品物を選ぶというもの。活度実施の注意点「くっつかないモン」「Keep disutance」「Be quiet」看板を守り、豊かな心の交流の場となりました。コロナ禍でのリモートでは得られない充実感、何気ない会話やみんなの笑顔にほっこりと心温まりました。ふれあいワークさんの販売もあり、Xmas商品を買い求めて帰りました。

サンタクロースの生菓子(手前)と寄せ植え



商品の横に看板



お正月しめ飾りと寄せ植え



かわいい靴下



 

 

 



シクラメン販売会

2020年12月15日 火曜日 活動報告


11月18日(水)例会時にクラブ内バザーでシクラメン販売を行いました。シクラメン販売は今年で14年目となります。今年も菊池農業高等学校から色とりどりのシクラメンが届き、例会も華やかな雰囲気でした。コロナ禍で10月のチャリティーバザーは中止になりましたが、「女性と女児を支援する」ための資金作りに例会時の「クラブ内バザー」を継続しています。


色とりどりのシクラメン



どれにしようかしら・・







「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」応募 推薦者決定

2020年11月26日 木曜日 活動報告

7月より募集を開始した「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」、南リジョンへの応募について、さくらが推薦する候補者が決まりました。パートとして働きネイリストを目指して専門学校に通っておられるシングルマザーの方です。詳細については12月以降にご報告いたします。

 

 



withコロナ 国際ソロプチミスト熊本ーさくらの取り組み

2020年11月26日 木曜日 活動報告

コロナ禍の中でも、SI熊本ーさくらとして、無理せずできる活動を続けたい思いと、月に1回の定例会はリモートではなく会員の皆さんと同じ空間を味わいたいという思いから、理事会を中心に対策を検討し以下の【健康チェックシート】を作成しました。例会は10時〜12時、食事なし、会場は常時換気(ドアオープン)、座る場所は隣との間隔を1m以上空ける、等の対策を取った上でチェックシートを守り活動を継続しています。

◆新型コロナウィルス感染症予防のための健康チェックシート◆

例会前に、さくら会員に確認して頂きたいこと

◇マスクの準備、着用

◇過去14日以内に、以下の事項に該当がないこと

〈体調管理に関して〉

①平熱を超える発熱  ②咳、痰、喉の痛み鼻水など風邪の症状

③倦怠感や筋肉痛  ④息苦しさ  ⑤下痢、嘔吐  ⑥味覚、嗅覚の異常

〈行動に関して〉

1 新型コロナウィルス感染症陽性とされた者との濃厚接触

2 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる

3 クラスター発生地域への本人及び家族の外出

4 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の経過観察を必要とされている国、地域への渡航又は当該在住者との濃厚接触

*濃厚接触とは…「症状のある人の咳やくしゃみなどの飛沫が及ぶ1m以内に15分以上滞在した場合」

上記の項目を参考にされ、ご自身で判断されますようお願い致します。



クラブ内バザーを開催

2020年11月11日 水曜日 活動報告

2020年9月16日(水)第319回9月定例会の後、クラブ内バザーが開催されました。(於:ザ・ニューホテル熊本)コロナ禍での開催の為、品物配置・販売方法・集金方法等の工夫がなされました。「距離を保とう」の看板を掲げ、注意を払いながらのバザーは、和気あいあいとして楽しいものでした。

新しい形で





南リジョン2020年度クラブ役員研修会

2020年11月11日 水曜日 活動報告

2020年9月30日(水)13:30〜16:00 国際ソロプチミストアメリカ日本南リジョン2020年度クラブ役員研修会が行われました。日本のリジョンの中で初めてのリモートでの研修会、熊本ーさくらからは坂本会長、出田会員、日隈会員が熊本城ホール会議室で参加しました。



今回、熊本ーさくらは2019年度会員増強クラブ感謝状をいただきました。



感謝状を受け取る坂本会長



「夢を生きる賞」女性のための教育・訓練賞 募集を開始

2020年7月30日 木曜日 活動報告

国際ソロプチミストでは、よりよい生活を目指して現在、教育・訓練の為の学校(大学院を除く)に在学中、もしくは入学許可を持っている女性(通信教育可)で、家族に対して経済的扶養責任を負っている女性を支援しています。今年度の募集が始まりました。

募集のチラシ



この2年間の取り組みの内容はこちらです。


 



« 前のページ

このページの先頭へ