ホーム >活動紹介

新年度例会

2016年7月20日 水曜日 活動報告

23期例会が7月20日スタートいたしました。

震災から3ヶ月あまりが過ぎ、阿蘇、益城ではまだまだ復興には程遠い状況ではありますが、私たちに何ができるのか、思いを寄せながら第1歩を踏み出したいと思います。

会場のホテルニューオータニも玄関はシートに覆われ、修復作業中ですが「がんばろう熊本」と声をかけながら入館しています。

新理事会、新委員会のもと気持ちを新たにソロプチミストシンフォニーにありますように

 

役に立てるなら  真の友になれるなら

苦しみを助け  分けあう喜び  これを知るでしょう

仕事の中で  これを知るでしょう  ソロプチミスト

 

の言葉のように和気相々とこの1年を活動していきましょう。



第24回「アフリカ子どもの日」in Kumamoto 7月8日〜10日

2016年7月8日 金曜日 活動報告

震災のため開催が心配されましたが、会場を数ヶ所に分けて開かれました。

アフリカ諸国から日本への留学生と、熊本の若者との交流会で、今年は駐日ウガンダ共和国大使をお迎えして、”私たちがつくる未来”がテーマでした。

恒例となりました水俣訪問、子供たちと留学生のサッカー交流、元ユニセフ災害救助計画官 岩佐 礼子氏の講演会など多彩でした。熊本伝統工芸館では、お茶会で日本の伝統文化を体験していただくおもてなしもありました。



今月のニューフェイス -中尾敦子会員自己紹介-

2016年7月1日 金曜日 活動報告

中尾敦子と申します。これからいろいろと教えて頂きながら、社会貢献をできればと考えております。よろしくお願いいたします。

簡単に自己紹介をさせて頂きます。仕事は、大学、高専の英語の非常勤講師です。一時は3年間毎週末、熊本・大分間を運転していました。このような日常のため、現在、まとまった自分の時間を持てず、ご披露するような趣味がありません。以前は何かと海外に出かけることにエネルギーを費やしていた時期もありましたが…

在熊本も20年近くになりましたが、いまだに知らないことが多く、例えば、おいしいお店など教えて頂ければうれしいです。まだ何もわかりませんが、どうかよろしくお願いいたします。



頼もしい新入会員をお迎えしました。一年間 広報委員として活動していただきます。



このページの先頭へ