ホーム >活動紹介

第4回「夢を拓く:女子中高生のためのキャリアサポート」開催

2019年4月18日 木曜日 活動報告

実施日:2019年3月26日(火) 10:00〜15:00
場 所:くまもと県民交流館パレア パレアホール
参加者:熊本県内の女子中高生28名(中学生4名・高校生24名)

基調講演 講師:古賀碧氏(崇城大学大学院生・株式会社Ciamo代表取締役)
演題「球磨焼酎粕を宝に!光合成細菌が秘める可能性を伝えたい
〜バイオベンチャーCiamoの設立と今後の展開〜」
ワークショップ 6グループ(1グループ約5人)
夢や将来の職業についてディスカッションを行った。

第4回の今回はより具体的な将来像を描いてもらうため、生徒達に事前アンケートで「将来どのような職業に就きたいか」を書いてもらい、午後のワークショップでは「希望する職業分野でのグループ」(医療・国際・芸術・保育・教育・その他)で話し合った。

参加した生徒の感想
参加者の70%が、キャリア目標を追求する準備が以前より整った、将来の達成可能な目標を設定する機会を得たと回答した。
「同じ夢を持った人、同じ職業を目指す人と話すことができた」
「自分の将来のことをみんなと話せて意見交換ができた、たくさん話し合いできた」など、他の学校の生徒や同年代のお友達との交流により「一歩を踏み出す」きっかけをつかんでくれたことと思います。


古賀碧様による基調講演


ワークショップの様子

熊本県内の女子中学高校生28名(中学高校7校から、引率の先生5名)が参加し、ワークショップを開催した。


6グループ(各テーブル約5名+会員2名)に分かれ、夢や将来の職業についてディスカッションを行った。午前と午後でグループ替えを行い、午後は医療、国際、芸術、保育、教員など(希望の職業分野別)のグループでより具体的な将来を描くため、活発な話し合いが行われた。



このページの先頭へ