ホーム >活動紹介

新年度例会

2021年8月10日 火曜日 活動報告

コロナ禍で一年延期となった東京オリンピックの開催に先んじて、SI熊本-さくらの新年度例会が、7月21日に開かれ、28期がスタートしました。感染防止に努めての、以前とは様子の異なる例会でしたが、嬉しいことに、新しい会員 音光寺澄子さんをお迎えすることが出来ました。

例会(アクリル板を置いて、密を避けて)



 

 

入会式

この度、新入会員となられた音光寺澄子さんは、東北大震災などで、一人でボランティア活動をされていてソロプチミストに入会することで、より多くの人を支援することが出来るのでは…と言うお気持ちで入会を決められたそうです。



音光寺さんのご挨拶



会長、推薦者と一緒に



音光寺新会員よりの一言 「ソロプチミスト夢プログラムであるSDGs『誰も取り残されることがない持続可能で包摂性のある社会の実現』を目標に共に頑張ります。」

 

クラブ内バザー

7月例会では、財務資金調達委員会によるバザーも行われ、美味しいキャンベル葡萄の販売で、会場は甘い香りと、優しい笑顔に包まれました。


本の販売

6月に年次会合でのお声掛けで「豪雨被害にあった熊本人吉を応援するための絵本」の販売にも会員で協力しました。

「川があふれた!まちが沈んだ日」  生きる力をくれたキジ馬くん



このページの先頭へ