ホーム >活動紹介

10月例会クラブ内表彰式

2015年10月21日 水曜日 活動報告

10月例会場にて、「ソプチミスト日本財団2015年度 社会ボランティア賞」の「阿蘇地区パークボランティアの会」上島敬次会長と吉岡理郎会員をお迎えし、クラブ内表彰式を執り行いました。
「阿蘇地区パークボランティアの会」の活動は平成5年6月開始されました。

<阿蘇の自然や特色を伝える>
<国立公園の清掃活動や監視パトロール>
<生物多様性の保全活動>
といった内容の活動を評価され、この度の受賞の運びとなりました。最近では阿蘇農業遺産、アソジオパークなどで注目を浴びております。今後益々の活躍を期待しております。
11月に高松市で開催されるソロプチミスト日本財団贈呈式にもご出席頂きます。

 


上島敬次会長(右側)



10月例会 卓話 講師:松原理美氏

2015年10月21日 水曜日 活動報告

テーマ:「弁護士から見た熊本の女性と女児の現状」

さくら会員であり弁護士の松原理美氏にDV被害の現状を卓話して頂きました。
DVには配偶者間の暴力、未婚の男女間のデートDVなどがあり、殴る蹴るはもちろん、配偶者からの性的、経済的、精神的暴力が長年繰り返され誰にも相談できず、耐え続けている女性が多くいます。DVから逃れられない理由として、女性が外に出た瞬間から貧困に陥り生活ができなくなる傾向が挙げられます。
DVから脱却するのに大きな力となるのは、自己を尊重する女性としてエンパワーメントの確立、女性の自立、そしてバックアップする警察、熊本女性センター支援団体の存在が重要であるとの卓話でした。
私たちさくらも、女性の地位向上に向け、地道な支援活動をしていかなければと考えさせられました。

 


さくら会員の松原理美氏



熊本日日新聞掲載「さくらチャリティバザー」

2015年10月18日 日曜日 活動報告

平成27年10月18日(日)熊本日日新聞(県内総合)に掲載されました。



「さくらチャリティバザー」今年も大盛況!!

2015年10月17日 土曜日 活動報告

恒例のチャリティバザー(於:びぷれす広場)も今年で22年目を迎えました。
晴天に恵まれ、多くの方々にお越し頂きました。

出品400点余りも、約1時間半で完売。(*^。^*)
初めての試みである”フリーマーケット”も期待以上に大好評でした。
ご購入頂きました皆様に感謝申し上げます。

*尚、バザー益金は 当クラブの顕彰事業「夢をいきる さくらプロジェクト」
(女子学生助成金)等に使われます。

 







ソロプチミストの新規プロジェクト紹介

2015年10月2日 金曜日 活動報告




ソロプチミストの新しいプログラムがスタートしました。
「夢を拓く」とは = 体験により潜在能力を引き出すこと
この度の対象は女子高校生です。

職業人としてお手本となるプロフェッショナルを見つけ、キャリア教育と夢を生きるための 人的・物質的資源を得られるようにするものです。
「夢を拓く」を通じてのスキルは 彼女たちの未来を切り拓くものでしょう。

実現したい夢があっても、
実際にどうしたらいい?
どこで何を学べばいいの?
誰に尋ねたらいいの?
誰を目標にしたらいいの?
本当に叶えられるの?

多くの疑問や不安で、一歩が踏み出せないでいる人が多いのではないでしょうか?
又、自分に自信が持てなくて、「私には無理」と夢を持つことさえ、あきらめているかもしれません。
女子高生の皆さん、夢の実現のために行動をおこしましょう!
詳細は 随時紹介して参ります。

 

 



このページの先頭へ