ホーム >活動紹介

6月活動報告

2022年6月21日 火曜日 活動報告

一年の早半分が過ぎようとしているこの月が、ソロプチミスト今期の締めの月です。
長引くコロナ禍に於ける活動の困難さを何とか全員で克服しつつ、夢プログラムを通して女性と女児 を応援する為の活動を続け、更に「大きなゴール」に向かい来期も新たな一歩を踏み出す気持ちで 進んでまいります。

 

6月定例会合 6月15日

今期最後の定例会合も対面で開催出来る喜びで笑顔あふれる会員です。
今日は、「輝く女性賞」の表彰と卓話。
持ち寄りによる「クラブ内バザー」と、少し忙しい一日です。

 

 

 

「輝く女性賞」の表彰と卓話

地域社会で奉仕活動に長年携わり、顕著な活動をした女性に贈られるこの賞が、3月26日「夢を拓く:女子中高生のためのキャリアサポート」に講師として来て頂いた星子桜文氏におくられました。

*賞金:SI熊本-さくらより表彰状と賞金5万円
*南リジョンより表彰状

表彰式:野尻会長と星子氏



~すべては 地球の未来のために~

星子桜文氏(株式会社スターフローレンス代表取締役社長)

星子氏は食用廃油をバイオディーゼル燃料として生成販売する『自然と未来(株)』を設立し地球温暖化防止のための低炭素社会の実現を目指し、環境問題に取り組んでおられ、その活躍の場を世界へと 広げておられます。
その間の様々な困難と、それに立ち向かっていかれる行動力と、折れない心を、卓話の中で聴かせて頂きました。
そんな卓話の中で「さくらの皆さまとのご縁が出来たことで、力を感じ、それが何よりのパワーとなります。」と、言って頂きました。
私たちさくらも、これからの星子氏の活躍を後押し、活動の一助となることが出来ればうれしい限りです。

卓話:熱い思いが伝わります


クラブ内バザー

6月定例会合のバザーは、会員の持ち寄りによるものです。
市販の品も並びますが、何より好評なのが会員手作りのお惣菜の品々です。それはそれは美味しく会員だけでいただくのは勿体ないくらいの品ばかり…何より、心がこもっていますから。
「さてさて、どれに致しましょう……」


末尾ながら、この一年間奮闘努力して下さった財務・資金調達委員会の皆さま、「ありがとうございました。」
自粛、自粛のこの一年をどれだけ楽しくしてくださったことか…。会員一同感謝しております。
同じく、奉仕プログラム委員会、メンバーシップ委員会、規約決議・SOLT委員会、ソロプチミスト日本財団委員会、広報委員会、最後に理事会のみなさま、素晴らしいチームワークで、このコロナ禍を、一年間、無事に乗り切ることが出来たと自負し、誇らしく思っております。



このページの先頭へ