ホーム >活動紹介

スペシャルオリンピックス日本(SON)・熊本 2022
第17回地区大会開会式

2022年10月11日 火曜日 活動報告

2022年10月2日(日) 熊本市総合体育館にて

秋晴れの中、SON・熊本地区大会の開会式に参加しました。
テーマは『いざ前進!輝けアスリート!』10月2日から30日まで各種競技での熱戦が繰り広げられます。コロナ禍のため3年ぶりの開催です。くまモンやゆるキャラに出迎えられ、開会式前のウオーミングアップの「くまモン体操」から、既にエネルギー全開。開会式の入場行進は、アスリートと来賓の方々が“レインボーリボン”で一つに繋がれながらペアで入場。SI熊本-さくらの会員も一緒に行進に参加できて、とても楽しかったです♡

会場には、本日の開催日に開花するように育てられた、見事なヒマワリが大会に花を添えていました。その中で、高校生の吹奏楽部やチアダンス部とSOチアリーディングが大躍動。潮谷義子理事長から「怪我のないように元気に頑張ってください!」とエールが送られ、各ブランチのアスリート代表が大きな声で選手宣誓を行いました。参加のアスリート全員が、今まで練習してきた成果を十分に発揮できることを願っています。

副会長 清家純香

 



9月活動報告

2022年10月5日 水曜日 活動報告

9月定例会合
2022年9月21日 水曜日

オミクロン株対応のワクチン接種が始まり、コロナ対応はまだまだ続きそうです。
今月も、対面とオンライン参加のハイブリット例会となりました。欠席は一名だけで、久しぶりの高出席率となりました。体調管理に気を付けて、会員一同が集うことが出来るのはとてもうれしいことです。
今月は、尚絅大学短期大学部幼児教育学科教授の増淵氏にシングルマザーの方への支援のお話を伺いました。

 

「シンママ熊本応援団」代表 増淵千保美氏をお迎えして

国際ソロプチミスト熊本―さくらの活動の柱である「夢を生きる賞」(女性のための教育・訓練賞)、その広報のため、各種専門学校やシングルマザー支援団体などを訪問した際に、増淵千保美氏と出会いました。幼児教育学科長で尚絅子育て研究センター長でもあり、シングルマザーとその子どもたちへの支援を行っておられます。9月21日(水)定例会にて、活動についてお話いただきました。

熱く語る増淵氏



「シンママ熊本応援団」 :尚絅子育て研究センター内に2017年4月発足。ひとりで子育てをしているシングルマザーと子どもたちに物資や衣料品の支援、食を通じてシンママたちがつながる「場」づくりをする活動から生まれた団体。多くの団体や個人の方々からの応援をもとに、現在約70世帯のシンママを支援する、月に1回の食料応援<しあわせBOX>発送作業や、子どもへの楽しいイベントなど、活動をされています。



9/19<しあわせBOX>発送作業の様子(参加した清家会員撮影)



ママたちと地域のみんなで協力して行います。お米は1世帯に5kg、70世帯で350kg、ビックリです。地域の皆さんとつながり~いっぱいしあわせの種をまく~「シンママ熊本応援団」を熊本―さくらは支援していきます。次回の「しあわせBOX」発送は10月23日(日)13:00~です。

 

副会長 池田美香



ちびっこ画家勢ぞろい!!

2022年10月5日 水曜日 活動報告

ソロプチミストが支援している国連ハビタット主催の「第21回世界ハビタット・デー記念絵画コンクール」に応募された作品をご紹介します。

≪よりよい「まち」をつくるため、ぼく/わたしなら「まち」をこうかえる!≫
をテーマに、eaoチャイルズコミュニケーションスクール(熊本市南区江越)に通う、小学校4~6年生10名の生徒さんたちが描いた作品です。
色彩も豊かで、パワーがあふれていますね。



新着記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

このページの先頭へ